スポンサーリンク

少子化と一人っ子と老後2,000万円(しつこい?)問題

オバさんの日記

少子化が止まらないどころか、想定以上のスピードで進んでいるらしいですね。

 

新聞では単純に

「子供を産める若い女性の人口減」

をあげているけど、

さすがにそれは甘いって、わたしは思いました。

 

色々あるだろうけど

結局お金よ!!

と思ってます。

 

だってね、
一人っ子が多いよ~

 

産める年齢だけど産まない若い人も多いけど
結婚も出産もしたけれど、二人目はいろんな理由があって無理という若い人も多い。

 

注:一人っ子を否定しているわけではありません

 

子供は欲しいけど、やむを得ず産まない

もしくは

子供は欲しいけど、二人は無理

 

と思っている若い人たちが、何が原因で産まないことになったかをちゃんと聞いてあげたらいいんじゃないだろか。

 

保育園の問題だけじゃないよね、

 

わたしは、
お金と閉塞感と思うんだけどね

 

老後リスク含めた将来への漠然とした不安

子供を育てることへの漠然とした不安

 

足りる?
ウチ、お金足りる???

 

そして今の日本は「不寛容社会」、

 

除夜の鐘がうるさいとか、
新幹線で食べる駅弁の匂いが気になるとか

 

子供が何かやらかしちゃったら ぜーーーんぶ親の責任にされるケド、
なんとか無事に納税者に育て上げることができたとしても特にいいことはない。

 

常に自分が長生きした場合に備えてお金の心配をしつつ、

全責任をかけて子供を育て上げるとなると

 

限界・・・

わたしは本当は
子供は3人欲しいと思ってましたが、

経済的諸事情から2人となりました。

 

色々難しいと思うけど、

赤ちゃんの少ない社会はとってもさみしい。

 

少子化対策、といって目先のことも確かに大事だけど、

それをやっても子供が増えないんだったら

長い人生全体が漠然と不安で、守りに入っちゃってるんだと思います。。。。なんちて

 

 

あと、少子高齢化社会で50代を生きる私としては

若い子にアドバイスしない

というのも大事なことかなと思って・・・

 

だって、
若者1人に対してアドバイスしたいジジババはものすごく多いんだよ

 

船頭多くして船山に登る、とでもいいましょうか・・・

あれやこれや周囲が言いすぎると迷走しがちなので、
中高年過多の世の中に置いては、
若い人たちの行動は見守るだけ、助言は控える、を自分の鉄則としたいなーと思ってます。

 

ではでは!

 

 

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました