スポンサーリンク

年賀状、書きますか・・・?

年賀状書きますか? オバさんの日記

この時期になると話題になる年賀状。

 

私は数年前から書く枚数を減らしています

 

昨年は喪中だったこともあり、
年賀状をいただいた方には喪中のお知らせをお返事する、という感じで対応して、

今年は、親戚(ちょこっとだけ)と遠方の友人だけ、にする予定(15枚くらい)。

 

近くの友人やよく会う人には、
向こうからもこないしこちらからも出さないです。

 

私はSNSでのあいさつもそんなにしませんが、
年末に合うときは「よいお年を」と言ってバイバイするし、
年始にあったときは「今年もよろしくね!」って言う、って感じです。

 

ちなみに、

高校生と大学生の子供たちには
年賀状は全然来ません

 

大学生の長男にはほぼゼロ、
高校生の長女にも2枚ほど(お手紙を書くのが好きな友人から)

それ以外は塾や予備校からのダイレクトメールばかり。

 

よく考えたら、
年末年始、ただでさえ慌ただしいところに数十枚の年賀状出すなんて。

偉業よ

 

・・・と思っていたら
「終活年賀状」なるものがあるそうです。

終活年賀状とは

来年から年賀状のやりとりを辞退し年賀状の終了宣言をする年始の挨拶状。年賀状じまいとも呼ばれます。

年賀状印刷PROFESSIONAL HPより

 

そういえば、義父も3年ほど前に、
「年賀状は今年限りにします」と年賀状に書き添えていました。

 

実父も、儀礼的に出している人は喪中が続いていることもあり(今年は実弟が亡くなったので父は喪中)、

そろそろやめようかなと思ってる、と言ってました。

 

確かに、
いくらプリンタで印刷するとはいえ、年賀状出すって大変よ

 

 

年賀状は、

奈良・平安時代頃より「年始回り」つまり直接会って新年のご挨拶する習慣があり、
遠方の人には文書による年始挨拶をしていたそうで

それが簡略化&たくさんの人とご挨拶するようになったので
書状を交わすことが主流になり

明治になって郵便制度ができあがってからはハガキによる「年賀状」になった、そうです。

 

Wikipedia で読みました

 

年末年始に挨拶をするという気持ちは、わたしたちにもまだ残っているから、
それがSNSになってもおかしくはないんだろうなーと思いました。

 

そんなわけで年末ってだけで慌ただしいですね!

ではでは、また。

タイトルとURLをコピーしました