スポンサーリンク

6日間、家を留守にしたこと

オバさんの日記

先日、友人と2人でベトナムハノイに旅行しました。

5泊6日になりました。

 

わたしも友人も家族を置いてでかけたわけです。

 

今までも友人と1泊旅行に出かけたことはありますが、5泊は初めて。

だけど、下の子が高校生になったし、そろそろいいかな?と思いました。

 

スポンサーリンク

家族の反応

わたしの夫は海外旅行、特にアジア圏への旅行に関心がありません。

 

誘っても行ってくれません

 

だけど、わたしは行ってみたい・・・というわけで

友人と行きたいと相談すると「どうぞ~」という感じでした。

 

長男は現在家を出ているのでいいとして、

高校生の娘の反応は、、、、

 

2003年生
 

いいね!
いってら~(注:いってらっしゃいの意)

かなりあっさりでした。

 

一週間もおかーさんいなくって大丈夫なの?と聞いてみたら

 

 

全然大丈夫♪

おかーさんがおかーさんの友達と遊んでいるほうが気が楽。 

お弁当もコンビニで買うからご心配なく!!と言われました。

 

 

もうちょっとさみしがってくれてもいいのに

 

ほんとにサミシーとか言われたらイラつくくせに、
人間って勝手なもんですね。

 

そんなわけでこころおきなくでかけることができました。

 

わたしが留守の間

わたしは自分が留守にするとき、
特にゴハンを作り置きすることとかしないタイプです。。。

 

お金を置いておき、それでなんとかしてもらうことにしてます。

 

 

今回は5泊もいなかったので、

一回くらいは父娘で外食でもしたら

と言ってきたのですが、

 

そんなチャンスもなかったらしく、

お弁当やお惣菜のお世話になってた様子。

 

驚いたのは、料理に全く興味のない夫が1回だけゴハンを作ったこと・・・!

 

ええ、アンタご飯つくれるの?!

 

といってもカレーだけど、それでも、
台所を使うのは自分のお酒をつくるときだけ、という夫にしては快挙です。

と同時に、

 

わたしにゴハンを作ってくれたことは無いけど、
娘には作るんだ・・・

 

といじけた気持ちになりました。
このことはネチネチなんども蒸し返そうと思います。

 

娘のほうも

1回だけ自分のお弁当を作っていったようで、こちらもビックリ。

 

わたしが留守のほうがみんなシッカリやるじゃない???

洗濯もゴミ出しもがんばってたみたいだし、
わたしがやらなくったって大丈夫なんだね。

 

・・・というか

わたしがいないほうがむしろ家族は家事をする、ということがわかったので

これからも積極的に家をあけようと思いました。

 

自分の世界もあったほうがいいのね

 

というわけで、なかなか旅レポが書けませんががんばります!

タイトルとURLをコピーしました