スポンサーリンク

そういえば、PTAの話

オバさんの日記

PTAって、結構ヤリ玉にあげれますよね。

わたし、前にも書いたことあるけど、PTAは肯定派で誰もいなければ引き受ける主義

わたしはPTA役員引き受ける主義・でもことなかれ主義

 

幼稚園から高校まで今のところ、役員1回づつ引き受けてます。

 

特にイヤだった思い出はないです

 

ヒラ役員がほとんどだったのもあり、

仕事や家庭生活に支障をきたすほどの仕事量はなく、

チョコチョコっと学校にいってチョコチョコッと仕事をしてカンタンな打ち上げに参加するって感じでした。

 

新興住宅地のあっさり型PTAだったからかもしれない

 

前も書いたけど、ちょこちょこと「ん?」って思うこともありますが、
特に「まあそういうもんかな」って思ってるうちに任期が終わってしまうのがほとんでした。

 

一度、中学校の役員を引き受けたときに、

「お手伝いのポイント制」

が残っていました。

 

これは1年の間に各家庭にお手伝いを2ポイント以上やってもらうっていうのやつで

最初のクラス役員としての仕事は

クラスの37家庭に平等に、2ポイントづつのお手伝いを割り振ることでした。

 

え、何コレ?

 

お手伝い自体は全然大変じゃないのに(自転車整理とか見回りとか)、
それを各家庭の事情に合わせてスケジューリングするという工程がホントに大変で

 

もういい、できないなら私やるわ

全員の希望通りに何かを割り振るのってホント大変ですね。
(自分がお手伝い多めにやっちゃったほうがラクだったりする)

 

そういう意見は長く役員の間に蓄積していたらしく、
翌年から本部役員の人が

 

もうポイント制やめます、
お手伝いの手は足りてるんで!!

 

とやめることになり、それ以降ホントに「やりたいときにやる」っていうPTAに代わりました。

 

もともとそんなに仕事量のないPTAだったけどね

 

頼めばやってくれる人って一定数いるし、無理に参加しなくてもいいよっていう感じでした。

わたしも頼まれればやるタイプなので、募集かかってたら参加して学校の様子とかチラ見してます。

 

ホントの普段の様子が見れて面白いです

 

だからニュースとかで、PTAが苦痛すぎる話とかを聞くとビックリします。

地域差がかなりあるんですね。

 

確かに役員決めの雰囲気はイヤだけどさ。

 

それよりも、
少年サッカーチームのお手伝いのほうが大変だった記憶アリ・・・

 

前も書いたけど、

PTA活動に参加して一番大変だと思ったのはPTA連合への参加と割り当て消化で、PTAがどうのというより全国PTA連合会の活動内容自体を見直してみたらどうかなーと思ったりしました。

 

今PTAなんていらない、っていう意見は場所によってずいぶん違ってくるんじゃないかなと思いました。

PTAで活動してる人のほとんどは、ホントに子供のこと考えてやってくれてるし。

 

・・・というのも今参加してるPTAで、

PTAいらない派の人から結構キツめの質問状みたいのが届いていたんですよね。

 

ホントにキツいPTAなら改革も脱退も必要だろうけど

ここのPTAはそうじゃないよな~とか、

 

お手伝いと卒業式のお菓子配りだけがPTAじゃないのにな、とか

 

PTAって言えばタタいていいと思ってるみたいだな~とか、

 

と思ってしまいました。

なんか、最近タタいていいと思ったら袋叩きみたいな感じであんまり好きじゃないの。

そんなわけで、今日はこのあとラグビー観ます!もちろん、にわかファンだけど。

タイトルとURLをコピーしました