スポンサーリンク

母の交際相手に乱暴されたら。Twitterより。

オバさんの日記

わたし、最新情報とか今の情報をTwitterで見ることが多いです。

 

台風情報とか、電車の情報とか。

 

あとドラマの感想とか。

 

Twitterで流れくる情報は
ホントのことと間違ってることがゴチャゴチャに流れてくるので、「マユツバだな・・・」と感じることも大事にしてますが、テレビや新聞でなかなか出てこないニュースもあって、、

 

その中のひとつにこんな事件があって、10月15日に決着したみたいです。

 

事件
母の元交際相手に中1(12~13歳)の夏頃からから性的暴行を受けていた娘(現在は20代)が、母の元交際相手を相手取って刑事事件として訴えた。

被告(母の元交際相手)の主張:
確かにそういうことはあったが、これについては7年の時効が完成している、として免訴(裁判そのものが成立しない。前科がつかない)

判決
懲役5年(実刑・執行猶予なし)
時効は成立しない。被害者の言ってることは信用できる。

 

わたしは、ニュースではなく、Twitterで誰かがリツイートした「空の青」さんというアカウント(多分お母さん)のつぶやきを見てこの事件を知りました。

 

※現在このアカウントは削除されています。

 

ニュースはこちらでもやっていたので本当のことだと思います。

 

中学時の性被害申告 有罪判決|NHK 関西のニュース
中学生のときに母親の交際相手の男から性的暴行を受けた女性が、大人になってから被害を打ち明けたことで行われた男に対する刑事裁判で、大阪地方裁…
交際相手の娘に性的暴行…同居男に実刑判決 判決前の取材に『ばれないしいけると思った、万引きと一緒』 - FNN.jpプライムオンライン
 交際相手の娘にみだらな行為を繰り返した罪に問われたカメラマンの男に大阪地方裁判所は懲役5年の実刑判決を言い渡しました。  【判決前の大隈英知被告】 「ばれないしいけると思ってたんです。万引きと一緒で

 

 

ビックリだったのは、の犯人(母の元交際相手)が罪そのものは認めていること、

ばれないしいけると思ってたんです。万引きと一緒ですね、と発言していました)

 

 

認めたうえで、「これはもう時効だ」と主張していることでした。
(時効になった事件は”免訴”になり、前科になりません)

 

びっくりします。

 

性的暴行の時効がたったの7年ということも、

もし罪として成立しても「児童福祉法違反」(10年以下の懲役)で、

今回だって犯人はわずか5年で刑務所から出てきちゃうってこと。

 

本当にびっくりします

 

今回はこの被害者の女性が成人になってからやっと、だけど、訴えることができて本当によかったと思いました。つらかったし公表するのもしんどかっただろうな。

 

お母さん(空の青さん)も色々つらかっただろうけど一貫して娘さんのサポートをされていたようでした。(わたしはある意味加害者だとTwitterでつぶやいていたこともあった・・・と記憶している)

 

 

あと最後にびっくりしたのが

犯人が裁判中もFaceBookでニコニコと投稿を続けていたこと。

 

会社をたちあげ、フリーのカメラマンとして活躍していたみたいです。

犯人のFaceBookは今は削除されていますが、

セミナーや講座の案内はまだ、見ることができます。(10月16日現在。これも徐々に削除されていくんでしょうね)

 

 

表の顔と裏の顔のある人ってこわい。

 

交際相手の娘(しかも中学生)への強姦という罪を認め時効を争って裁判中に、こういうことができる人もこわい。

 

7年服役してから出所したとしても
繰り返しちゃうような・・7年ってあっという間だもん。

 

今日はちょっと暗くなっちゃった。

性犯罪は極悪の罪なので、特に相手が小さい子供の場合は極刑にしてほしいと思いました。

タイトルとURLをコピーしました