スポンサーリンク

父の買い物と母の遺言

この中から選んでね オバさんの日記

母が亡くなって、父一人になってしまったので、

時々父の買い物に付き合うことがあります。

買い物といっても日用品ではなくて、「洋服」など、着るものの買い物です。

 

70代後半の父にとって、着るものの買い物は最も興味がないらしく、
放っておくと

服を買いに行かなくちゃなぁ・・・

と言いつつも後回しになって
結局同じモノを着て季節がすぎるということになってしまうので、

時々強制的に買い出しにいっているというわけです。

 

お店の選び方と父の買い物についてのコツは亡くなった母から教えてもらいました。
こんな感じです。

 

大型ショッピングセンター = NG
単体イオン・単体イトーヨーカドー = OK

「単体イオン」はイオンだけのお店。イオンモールとかじゃなくて。
「単体イトーヨーカドー」も、ヨーカドーだけのお店。アリオとかじゃなくて。

 

お店の数が少なめで、
1階:食品フロア
2階:衣料品と台所用品フロア
3階:寝具と本とレストランフロア
みたいな感じになっている、郊外に取り残された感じの小さ目のお店で買うとよい、

 

そしてもうひとつ父との買い物のコツとしては、

 

最初に父に、ちょっとだけ高めのモノを見せて、

「こんなに高いのか!!」

と驚いてもらい、その後普通の値段のものを見せると、

アッサリ購入することが多い

 

 

母の遺言♡

 

こうしてチャッカリ色んなものを父に買わせていたんだね、母よ。

 

 

今回も母の遺言通り

父と買い物に行くのは

品揃えが少ないお店!!

 

今回買いたかったのは秋冬もののシャツで

「どこにでもある平凡な感じのシャツ」

です。

 

ユニクロはすごく重宝するのだけど
流行にあわせてあるんですよね。

シーズンごとに

丈が少々長かったり短かったり、
キュッとしてたりダボッとしてたりで、

 

去年とおんなじやつが欲しいおじいさんにはハードル高かったりして。

 

今回父と探すのは

長年着ていたのとおんなじ感じ(←ここポイント)の、

  • ほどよいフィット感
  • 首がオエッってならない
  • おじいさんらしい柄と色

それに加えて今年からは 洗濯がしやすい が加わりまして、ストライクゾーンは小さめです。

 

無難」がテーマ

 

 

近所の単体ヨーカドーの2階にある、

子供服とオヤジ服だけが売っているような衣料品フロアでシャツ2枚を色違いで買いました。

 

ヨーカドーの中でも「GoldenBear」ってちょっと高めの服(シャツ1枚6000円~)をそろえてあるところがあるんですがそこを見て父がビックリしてから、

ヨーカドーブランドの服を買いました。

 

父が求めていた長袖シャツのは3種類(そでの形違い・素材違い)、色がそれぞれ5色くらいづつあって、その中からあれこれ悩みながら選びました。

 

 

そういえば昔、何かの本で読んだのですが、

 

24種類のジャムの店と

6種類のジャムの店を用意して、お客さんがどうするかを見たところ、

 

圧倒的に24種類のジャムの店に人が群がったけれども、

購入率でいうと
圧倒的に6種類のジャムの店だった、というような話があったのを思い出しました。

 

少な目の選択肢のほうが決定率が高い、という話だったような・・・

 

たくさんあると迷っちゃうんですよね、
迷いすぎてまた今度にしようと思ったり・・・

 

そんな話を思い出しながら父とシャツを選び、

そのあと父が保留にしていた肩掛けカバンも買えちゃいました。
欲しかったモノが買えたと父はゴキゲンでヨーカドーを後にしました。

 

 

確かに、
選択肢が多いほうがいいってわけじゃないのね~

 

そんな感じの、高齢者のお買い物でした。
小さなお店が閉店していっちゃうみたいだけど、あれはあれで大変貴重なので、

なくなったら困るなぁ・・・と思ったりしたのでした。

 

ではでは、また。

タイトルとURLをコピーしました