スポンサーリンク

語学研修に行く高校生に用意したオーストラリアドルとWifi(モバイルルータ)

オバさんの日記

娘が高校のプログラムでオーストラリアへ14日間の語学研修へ行ってきました。

今日はその中でも送り出す側として気を使った、「お金」と「モバイルルータ(WiFi)」について書こうと思います。

 

ちなみに

全日程ホームスティです

 

娘は自宅以外で2週間をすごすのは始めて。

 

甘やかして育ててしまった上に
英語もロクに話せないのにとは思いましたが、
本人が昨年より熱望したため大枚はたいて行かせることにしました。

 

娘よ・・・
費用対効果って意味わかる?

 

色々なことを感じて帰ってきてほしいなと思っています。

 

スポンサーリンク

持参するお金をどうする?

学校からは3万円程度を持ってきたら十分ですと言われました。

なぜなら、全行程学校とホストファミリーの家との往復が主で、使うタイミングがないから、だそうです。

 

車でないと移動ができないような場所で、ちょこっとお散歩ついでに寄れるコンビニとか売店がないので使う場所がないみたい。

 

そしてそのお金ですが

通販で、オーストラリアドルを買いました~

事前にオーストラリアドルを通販で用意しました。

 

買ったのはトラベルサポートGPAのオンラインショップです。

GPA外貨両替専門店 ONLINE STORE
海外旅行や海外出張の両替は日本トップクラスのGPA外貨両替専門店オンライン宅配。簡単申込。豊富な34通貨取扱。お得なレート、日本全国送料・代引手数料無料でご自宅やご勤務先へ。

 

ここにした理由は、

    1. 送料が無料
    2. 成田空港グループ
    3. 小額紙幣の指定ができる
    4. 空港の両替所とレートが同じ

特に小額紙幣の指定ができることは私にとってはポイントで、

 

大きいお金を出すとイヤな顔されることもあるもんね

 

↑このお札を何枚、って指定できるんです

 

もちろん成田空港の出発ロビーにはたくさん両替屋さんがあるし、自分の旅行だったらテキトーにやるけど、
小額紙幣を持たせたかったし出発当日慌ただしいのはイヤだったので事前に準備しておきました。

 

サイトで配達日を指定しても申込し、
配達されたときに、郵便局の配達員さんに代金を支払います。

↑5ドル札は415円くらい、10ドル札は830円くらいな感じ。

 

娘はすでに研修を終えて帰ってきていますが

本当にお金を使う場所もタイミングもなかったようで、

ほとんど残って帰ってきました。

 

どーしよーこのオーストラリアドル。

(現在円高進行中・・・86円で買ったオーストラリアドルが60円でしか買ってもらえません。。)

 

SIMかWiFi(モバイルルータ)か・・・

 

次に悩んだのは

 

SIMかWiFiか??

 

個人旅行だったら間違いなくSIMなんだけど・・・

 

パソコンやタブレット端末つなげるわけではなく、スマホが使えればいいわけだから、
普通に旅行にいくんならSIMが便利だと思うのだけど(しかも安い)

 

オーストラリアではSIMカードを使えるようにするために(アクティベートという)、
SIMカードを差し込んで電源を入れるだけではなくて、SIMカードやパスポートの番号の入力をフリーWifiのあるところで行う必要があるそうです。

うまくいかない場合は通信会社のショップへ行けばやってもらえるのですが、

 

そんな時間がとれなさそうな今回はWiFi(モバイルルータ)を持たせることにしました。

 

 

色々調べたのですが最安値はココでした。
ワイホー(Wi-Ho)という会社の海外WiFiですが、直で申し込むより価格.com経由で申し込んだほうが値段が安かったんです(2019年7月情報)。

 

↓価格.com Wi-Ho

価格.com - オーストラリアで使える海外Wi-Fiレンタル料金【9社比較/高速LTE】
オーストラリア旅行の新定番「海外Wi-Fiルーターレンタル」。利用日数など条件にあわせてレンタル会社を【総額料金】で徹底比較!オーストラリアは高速LTEなので快適!利用した方の190件以上の体験レポートも掲載しています。オーストラリアで使えるWi-Fiレンタルをお考えならまずは価格.comをチェック!

 

オーストラリア・14日間・1日300MBで、あんしん保険をつけて

6,060円。

あんしん保証を付けなければ14日で3000円ちょっとです。 安いです。

WiHo(海外ルーター) ↑WiHoのルーター。電源やケーブルとセット。

 

WIHO 領収書
↑受注書。価格.com経由だと割引がきく

 

一番安い300MB/一日のプランにしました。

ちなみにYoutube動画を25分みると300MBくらいだそうです。
動画を見たいときは気を付けたほうがいいかもしれませんね。

大丈夫だったかな~と思っていたのですが

 

帰ってきた娘によれば、 ホストファミリーの家にいるときはWiFiを使わせてもらえたので、
主に使うのは外出時や学校へ行くとき。

速度や容量に不満はなかったようです。

 

ちなみに届けてもらうのは宅配便で、 返却は空港カウンターにしました。

到着ロビーのすぐそばのQLライナーのカウンターに返却、ということでした。
何事もなくスムーズに返却できました。

 

成田空港第二ターミナルQLライナーのカウンター

↑成田空港第二ターミナルA出口を出て左側にあるQLライナーの窓口
(ここに返却します)

旅行会社があっせんしてくれたルーターは10,000円を超えていたので、 価格.com経由のほうが割引がきいて安かったです。

 

海外でWiFiを使うときの注意。機内モードにしておく

 

自分のケータイはずっと機内モードにしておくことが大切!!です。
(SIMカードを抜いておくのもアリかと・・・)

 

そうでないと日本の通信会社の回線を利用することになっちゃう場合があるからね♪

 

まとめ

通っている高校の語学研修なので心配することは少なかったですが、

お金とWIFIに関しては少々気を使いました。

引率者がいて安心な分、自由に行動できる時間が制限されちゃいますからね。

 

娘には色々クドクドと、気を付けることとか言いましたが、

 

よそのお宅にお世話になるんだから
やりっぱなしをするなとか洗面所キレイにしろとか、
ほんとに細かいこと言いました・・・
伝わってないけど・・・

 

お金の管理と機内モードはひときわしつこく言っておきました。

 

無事に帰ってきてくれたのでほっとしています。

高校生の語学研修について、感じたことはまた今度書きますね。

 

タイトルとURLをコピーしました