スポンサーリンク

母が亡くなって唯一、よかったこと。

オバさんの日記

よかったこと、なんていうと母に怒られてしまうだろうな。

母が平均寿命より早く父より先に亡くなりました。
未亡人になりたいと言っていたので、その点は悔しかったと思います。

 

ショックだったけど1つだけ、よかったのかもしれないと思うことがあります。

 

父と話すようになったことです。

 

わたしの実家は父・母・私・妹なので、
子供の時から、父と母私妹になってしまうし、

大人になって実家にいくと

母に近況報告はするけれど、父と積極的に話をすることはありませんでした。
父のほうからもわたしに話しかけてくることはほとんどなかったです。

 

だから、母が亡くなるまで父とちゃんと話したことなかったです。

父がどんなことを考えてるかなんてぜーーんぜんわからなかったし、好きな食べ物とかもザックリしかわかりませんでした。

 

でも父が一人暮らしになって時々様子を見に行くと自然と話をする機会も増えて、

 

え、おとーさんってそういうヒトだったんだ~

って、思うことが時々あります。

例えば、

 

へ~
確定申告とか整理整頓好きなんだ~

とかね。
そういうところは私にちっとも遺伝しなかった(整理整頓苦手)。

 

父は無口だ、しゃべらない、と思っていたけれど、

さすがに母がいないとしゃべりたくなるらしく、時々近況を話してくれたり、
昔の話を聞いたりするようになりました。

 

高校に進学したときのこととか、
前回の東京オリンピックのときのこととか

 

母とはよく話したから昔のことや好きなもの・嫌いなものは知ってたような気がするけど

父の話を聞くことなんて今まで私の人生で全くなかったので、

 

結構新鮮

 

そういう時間が無理やりできたので、
それだけは唯一、よかったな~と思いました。

 

・・・といっても、
父が饒舌になったわけではないので、

 

老父と中年娘の会話がボソボソと続く、という感じです~

せめてそういう時間は大事にしなくちゃなと思いました・・・

 

と、今日はそんないい子ぶった感じのワタシ。
やっと週末。ゆっくりしよう~~っと

 

タイトルとURLをコピーしました