スポンサーリンク

【詐欺に注意】封筒で来る架空請求があるらしい!

裁判所からの封筒も詐欺 インターネットライフ

ちょっと前に、

 

私にも架空請求ハガキが届いたよ
12月のある日、私にもこんなハガキが届きました。 あらま~~懐かしい! レトロな詐欺です。 これは言う...

 

わたしにレトロな架空請求ハガキが届いたと書いたことがあるのですが、

最近はなんと!ご丁寧に特注の窓あき封筒で架空請求が封書で届くようです。

 

このサイトで知りました↓

【詐欺】地方裁判所民事訴訟部から「至急の封筒」が届く新手の詐欺手口に注意! ハガキから封筒に進化か
地方裁判所民事訴訟部。この文字が書かれた封筒がある日突然家に届いたら、誰でも驚いてしまうことだろう。特にやましいことのない人でもまずはこう思うかもしれない。「 …

 

 

 

こんな封筒届いたら
ビクッっとするよな

 

裁判所からの封書に驚かない人はいませんよ・・・

けどちょっと調べてみると裁判所が民事訴訟の関係者に送る郵便物は、受け取り証明の必要な「特別送達」という封筒で届くそうです。

 

裁判所の特別送達の郵便・不在票を無視すると|東京・秀都司法書士事務所
裁判所から特別送達が郵送されて不在連絡票がポストに入っていたら無視しないで郵便局の再配達で裁判所の通知を受け取りましょう。裁判所の特別送達郵便を受取拒否すると裁判で不利になります。特別送達の封筒で届いた裁判所通知(訴状・呼出状・支払督促)を読んで東京簡易裁判所などに手続しましょう。

 

特別送達(とくべつそうたつ)とは、日本において、民事訴訟法第103条から第106条まで及び第109条に規定する方法により、裁判所から訴訟関係人などに送達すべき書類を送達し、その送達の事実を証明する、郵便物の特殊取扱である。特送(とくそう)と略されることもある。郵便法第44条及び第49条の規定に基づいて、日本郵便株式会社が実施する。

Wikipedia 特別送達

 

そっか、ふつーの窓あき封筒で届くことはないのね。

詐欺が巧妙に進化している以上、こちらは全部疑ってかかる気持ちくらいでちょうどいいのかもしれませんね。

 

一人暮らしをしている高齢の父にはよーーーく言っておかなくては・・・

 

ちなみに私がいつもやっている、あやしい情報(ハガキとか封書とかメールとか)が届いたときの回避方法は

 

ググる!!

です。

届いたハガキや文書の一文を検索窓に入力してみると
とりあえずいろんな情報がでてきます。

(今回だったら、「地方裁判所 民事訴訟部 封書」「裁判所 封書」 とか)

 

でてきた情報もホントかどうかわからないので、
それ以外の文字でも検索してみる。

 

本当の裁判所や市役所なんかで注意喚起が出てきたらそれをじっくり読んで、自分に届いたものがどうなのかを確認します。

 

ひどい、と思ったら

 

へ連絡しちゃうかもです。

 

あ、それと、
ご紹介したロケットニュースですけど、
若い人向けでギトギトしてるように見えるけど中身はとっても参考になる!

架空請求や詐欺に身を張って検証していて、おもしろいし、
わたしもよくチェックしています。

 

↓わたしがもらったのと同じ架空請求ハガキを持って書いてある住所へ行ってみたレポート

【突撃レポ】民事訴訟管理センターから「総合消費料金未納分訴訟最終通知書」が送られてきたので住所に行って話を聞いてみた!
電話って緊張する。私(中澤)は電話が苦手だ。面と向かって話したら分かることも、電話を通すだけで一気に噛み合わなくなる。その場では理解した気がしてるんだけど、後 …

↓わたしも「ビジターアンケート」が表示されたことがあるよ

【実録】ブラウザのユーザー調査を装った「2019年間ビジターアンケート」は詐欺なので要注意 / クレジットカード情報を入力したらこうなった
来た! またこの季節がやってきた!! どういうわけだか、このくらいの時期になるとパンデミック的に発生するフィッシング詐欺「20XX年間ビジターアンケート」が、今年も …

 

役に立つ上に面白いの!

見てみてね~

タイトルとURLをコピーしました