服についたガムをサラダオイルでとってみた

お掃除や家事

長男のサッカーユニフォームのパンツに、

ガムがついてしまったようです。

そしてそれに全く気づかずテキトーにいつも通り洗濯してしまい、

更にそのまま使用させてしまったため、

ガムは繊維の奥へと入り込み、どうがんばってもとれなくなってしまいました・・・

 

が、サラダオイルを塗って落とすことができました(^^)

 

汚れはこんな感じです。

小さな点々があちこちにありました。

gam-1

 

ここにサラダ油をなじませます。

ガムに含まれる「チクル」という樹木の樹脂が、油に溶けるという性質を持っているからなんだそう。

ちなみに、チョコレートとガムを一緒に噛んでいるとそのうちガムがなくなってしまうんだとか。
「チョコレートの油がガムの樹脂(チクル)を溶かしたから」というのが理由らしいです。

 

使うのはごく普通のサラダ油。

 

abura-1

 

キャノーラ油の理由は全くなくて、
この日台所にあったのがキャノーラ油だった、というだけです

 

haburasi

 

一応古ハブラシでトントンしてみました。

 

そのあと、放置します(5分ほど)

 

そして、

senzai

 

台所洗剤。これも我が家で現在使っていたのがコレだったから、という理由です。

この台所洗剤で洗います。

サラダ油を落とさないとね!

でも、ゴシゴシすると繊維が傷むからそーっと洗いました・・・

すると・・・

 

gam-2

 

ちょっとわかりにくいのですが、

キレイになりました!!

 

ガムがこびりついていたところはこの方法でほとんど落とすことが出来ました♪

硬く、黒く、繊維の奥まで入り込んだやっかいなガムは、この方法を試してみるといいかもです。

ただ、油を使うので油染みのできやすい素材(シルクとか?)は気を付けてくださいね。

ちなみに、クリーニング屋さんに行くと業務用汚れ溶解剤でイッパツでおちるんだそうです。

 

 

おばさんのヒトコト

ついたばっかりのガムは、冷凍庫に入れたり、氷で冷やしたりすることで

ガムが固まり、ポロッとおちるそうですよ。

今回は、「部室のベンチについていたガム」がついてしまった上に

何度か洗濯もして、使ってしまっていたので

汚れが繊維に入り込んだうえに、黒ずんでしまい、大変困りましたが

サラダオイルで落ちてくれてよかったです。。。

というよりも、ガムって油で溶けるのね。

チョコと一緒にかむと、溶けちゃうのね。

夏の自由研究のひとつにどうかな~!