実は私の買った6万円分の仮想通貨は現在3万円以下です

おすすめ

 

エラそうにLINEギフトが面白いだの、Suicaの民はJREカードだの言っているけど、私は

 

実は仮想通貨を買ってダメにしつつあります

2017年後半から2018年前半大きな話題になって、最近めっきり話を聞かなくなった仮想通貨。

小市民のクセに流行りものにほんのちょっぴり手を出して30,000円ほどへそくりをとかしてしまったのです。

 

スポンサーリンク

2017年後半にビットコインをほんのちょっぴり買った

2017年の後半、1ビットコインが200万円に迫る頃、わたしはBitFlyerの口座を開設して25,000円弱のビットコインを購入しました。

 

購入履歴はこんな感じ。

 買った量そのときのレート支払い額
2017/11/300.008ビットコイン1,210,000円9,680円
2017/12/80.002ビットコイン1,710,000円3,420円
2017/12/90.002ビットコイン1,800,000円3,600円
2017/12/290.003ビットコイン2,030,000円6,090円

 

全部で 22,790円

それが今は、

1ビットコイン 394,000円、わたしのビットコインは 5,910円まで下がりました。

 

暴落です暴落!大失敗!

 

このチャート(2019年2月10日現在)でいうと、一番頂点のところで買った感じですね。
バカですね~~

ビットコイン

 

あああ・・・

0.002とかチマチマ買っているところも小市民ですが、いっぱい買わなかったので痛手はこの程度で済んだという感じ。

 

 

その後コインチェックで150XEM(ネム)と200XRP(リップル)と0.04ETH(イーサリアム)を買った

同じころ、コインチェックも開設して当時話題だった XEM(ネム)と XRP(リップル)EHT(イーサリアム)も買いました。

こちらも、30,000円ほど入金して 200XRP(リップル)と150XEM(ネム)、0.04ETH(イーサリアム)を買いました。

 

小心者なので30,000円。わたしのヘソクリ。

コインチェック流出事件でXEM(ネム)は強制的に日本円になった

その後、コインチェック流出事件があり、わたしのネムも流出してしまいました。

いろんなことがあり、コインチェックが流出した分を補填してくれました。

Coincheck - Wikipedia

 

買った時の内訳はこんな感じ。

買った日買った量そのときのレート支払い額
2017年11月28日150XEM27円4,090円
2017年12月18日50XEM80円4,028円
合計  8,118円

 

8,118円で 200XEM を買いました。

 

そして流出したXEMの補填として、

2018年3月12日:1XEM88円・・・200XEM 17,709.8円で精算してもらいました

 

8,118円で買ったものが17,709円になったのよ~

 

 

でも2019年2月10日現在、 1XEMは 4.17円!だよ…

コインチェックで流出していたから損しないですんだという皮肉な結果に・・・

 

仮想通貨の値段ってほんと、上がり下がりが恐ろしく大きいです。

 

XRP(リップル)は200XRPを買った

 

ちなみにXRP(リップル)は200買いまして、こんな感じのお値段でした。

買った日買った量そのときのレート支払い額
2017年11月21日200XRP28円5,618円 

 

現在1XRP(リップル)は32円

換算すると現在わたしが持っている200XRPは6,400円で、これはそんなに悪くなってないです。

 

一番ダメ!バカだったのは ETH(イーサリアム)。

 

買った日買った量そのときのレート支払い額
2018年1月12日0.04ETH156,447円6,257円 

 

2018年1月12日に、0.04ETHを 6,257円で購入。

それが今日(2019年2月10日)は、わずか 504円 になってしまいました。

 

ひーーー

 

センスのないワタシ。

結局、わたしのようにカンがいいわけでもなく何かピンとくるわけでもなく、

たいして何も引き寄せることのできない平凡なやつは

 

しっかり調べて無難な道を選ぶのが吉

投資に興味はあるものの、資金が豊富なわけではないのでよーーく下調べして無難な道を模索するのが安全だと、改めて思いました。

そして仮想通貨のような海のものとも山のものともわからないものに投資するときは 余剰資金 でするのが鉄則!だと思いました。

 

今回仮想通貨に投資した6万円はわたしにとっては大金。

でももしこれを全部なくしてしまったとしてもわたしが10日ほど落ち込んでまたコツコツ貯めていけばなんとかなる金額。

だいぶん悲しいけど。

 

でも負け惜しみでいうと、これから紙幣と硬貨がお金だという時代が終わりつつあるのは本当っぽいです。

 

でもおいしい話には注意

インターネットの世界にはでっかい金額の景気のいい話が目立ってしまうけど、とりあえず普通のオバさんである私は失敗したよ、という話でした。

2017年後半くらいは、仮想通貨をやっていないなんて・・・とかビットコイン長者とかそういう話も耳にしたけど、今はそんなこと話題にする人もいない。羽振りの良かった人たちはどうしているのかな。

 

でも、地味にこっそり、仮想通貨・特にリップルは実用化に向けて研究が進んでいるようですし

 

リップル社が提携する銀行・企業一覧 | リップル(XRP)の最新ニュースならHEDGE GUIDE
リップル社は銀行をはじめとする100を越える企業との提携をしており(2018年4月現在)、世界中の国のさまざまな企業で同社のサービスであるxCurrent、xRapid、xViaの導入が進んでいます。現在、さまざまな企業で従来の国際送金の課題を解決するリップル社のソリューションの導入テストが実施されており、世界中で迅速...

仮想通貨が騒がれなくなったからといって、世の中からなくなったわけではなさそう。 ただ投資するときはよーく考えてね、ってことでした。