お買い物 中学生・高校生の子育て

新高校一年生の電子辞書選び【3】最終編 型落ちはトク?シャープBrain PWSH4とPWSH5を比較

更新日:

【今までの経緯】

新高校一年生の電子辞書選び

【1】シェア調査とカシオ編

【2】シャープとカシオを比較

【3】最終編 型落ちはトク?シャープBrain PWSH4とPWSH5を比較
このページ

【4】シャープBrain PWSH4 届いたよ♪

色々調査しまして、電子辞書はシャープのBrainにしようと思いました。

特に大きな理由はないですが、かろうじて理由をあげるとすれば

  • 360度開けること
  • バッテリー(電池じゃない)
  • 空き容量

です。
あ、でもなんかでカシオのくれるっていったら大喜びってレベルです。

 

 

で、次のお悩みとして 5,000円安い型落ち品(去年モデル)にするか最新モデルにするか?!という迷いがでてきました。 2018年5月現在、楽天市場やkakaku.comの最安値だとこんな感じでした。

PW-SH4(2017年モデル) 20,352円(税抜) PW-SH5(2018年モデル) 26,000円(税抜)

搭載されているコンテンツの量に違いがあるようなのですが、この値段の差に見合うものなのかを知りたくて、 英語と国語のコンテンツについて、調べてみました。 別表に〇×でまとめてみました。

スポンサーリンク

コンテンツは1年分、新しくなっていた

最新モデルと1年型落ちモデルのコンテンツを比較してみたら 英検やセンター試験の過去問の最新の1年分があるかないか? というのが最大の差かな、と私は思いました。 2017年モデルは当然ですが、英検やセンター試験の過去問が 2016年のものまでしかありません。 2018年は2017年までありました。 2020年に大学入試試験のやり方が改革されることが決まっています。 「センター試験」がなくなって「大学入学共通テスト」なるものがスタートするらしいです。(ほーーんと余計なことを・・・) なので今年(2018年春)に入学した高校一年生はその変更後すぐの「大学入学共通テスト」を受けることになります。。 センター過去問が全く参考にならないってことはないだろうけれど、今の試験方式にターゲットを絞ることもないかと思いました。 それよりも、旧モデルだとしても 辞書の量としては申し分ないというか、ありすぎて使いこなせるか不安になるレベルだと感じました。 英検やTOEIC対策で最新版がないのはネックかもですが、 過去問はネットでも公開されているし、まあ別にいいかなと・・・

というわけで、国語と英語のコンテンツしか比較していませんが、うちの子にはそれほど大きな差ではないかなと思いました。

現役大学一年生の意見

我が家には文系の大学に通う大学一年生の長男もいるのですが、彼曰く、 「英語・古文・漢文の辞書は毎日使った」 と言っていました。 問題集的なものはそれほど使いこなせていなかったようです・・・

というわけで、辞書としての機能を果たしてくれればいいや!

今日現在、楽天でみたところ最安値は PW-SH4(2017年モデル) 20,352円(税抜) PW-SH5(2018年モデル) 26,000円(税抜) 約5,000円ほどの違い・・・これをどう見るかはビミョーですが我が家はケチって型落ちの新品を狙うことにしました。 幸いにもまだ残っている様子。 型落ち品を買うときは

  • 現品限りの早い者勝ち
  • 展示品かどうかをチェック
  • サプライ品(ケースなど)がなくなることも予測できる

などに注意して買うといいと思います。

・・というわけで届きました!でこんな感じです

-お買い物, 中学生・高校生の子育て

Copyright© オバサンの底力 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.