オバさんの日記

個人事業主になって健康診断どうする?

更新日:

フリーランスで活動はじめて、個人事業主になり扶養をはずれました。

国民健康保険に加入し、ほそぼそと保険料を支払っています。

長年、扶養家族だったので夫の健康組合から案内が来て健康診断を受けていましたがこれは受けられなくなりました。
代わりに国民健康保険の健康診断を受けることになります。

国民健康保険の健康診断についてメモしておこうと思います。

 

スポンサーリンク

健康保険の管轄は市町村。住んでいる市区から連絡がきます

やり方が違う地域もたくさんあると思いますが、私の住んでいるところは毎年4月になると封筒で「検診のご案内」が来ます。
40歳以上だと2通きます。

特定健康診断

・検診のご案内(がん検診等用)
・検診のご案内(特定健康診査受診用)

検診のご案内にはそれぞれ、「受診券」が入っています。

 

がん検診等受診用には以下の試験項目の受診券が入っています。

肺がん  大腸がん  肝炎ウィルス検診(1回だけ)
子宮がん検診 成人歯科検診
胃がん検診 乳がん検診(マンモグラフィ)
(男性は前立腺がん検診が含まれるそうです)

 

これプラス、40歳以上には「特定健康診査」。

これはいわゆるメタボ検診みたいなやつで、
体重・血圧・腹囲・を測り、尿検査や血液検査で中性脂肪やコレステロール、AST/ALTや空腹時血糖値や尿たんぱくなどを調べます。

 

今まで扶養家族で受けていた検診と違うこと

今までは、健康診断と言えば一日仕事。

身長体重測ってバリウムのんで胃のレントゲンとって血液とって肺の検査・眼底検査といろんな検査を次々とこなしていく感じでした。(そんで最後にサービスのランチ券もらったりする)

国民健康保険での検診は、

  • 胃がんとマンモ(又は超音波検査)は集団検診を予約
  • 子宮がん検診は婦人科を予約
  • 特定検診と大腸がん・胃がん検診を予約

わたしの住んでいるところの場合は3回別々に予約しなくちゃダメです。

時間はどれも短いけど(胃のレントゲンとマンモのときはなんだかんだで3時間ほど。特定検診とがん検診は1時間ほど。子宮がん検診は30分ほどで終了)3回にわけるのが面倒ではあります。

 

それと前扶養で受けていた健康診断では聴力検査や眼底検査が含まれていましたが、特定検診では含まれていませんでした。

 

費用は無料です

 

費用は無料です。

 

扶養を抜けて独立するとわかる、扶養がどれだけ恵まれていたか

 

扶養を抜けると

あーー扶養って手厚かったなぁ・・・

と思ってしまいます。

 

扶養を抜けたとたんに、健康保険料と国民年金 そして健康保険も自分で管理しないとダメだし・・・

自立ってこういうことなんですね、ちょっぴり涙。

 

あと、個人的になんとかしてくれないかなーと思っているのが 国民健康保険証が、紙っぺらだってこと・・・ 紙っぺら

頑張って払ってるからせめてプラカードにしてくれないかなぁ・・・。

結果を聞きに行くのは10日後。 何事もありませんように。

おばさんのヒトコト

わたし実は健康診断の中で最もバリウムがに苦手・・

先日もバリウム検査のときにあのへんな発泡剤みたいなレモン味?の薬をうまく呑み込めずえらく大変な思いをしました。

飲み込み機能が衰えているんだろうか・・・涙

そしたら今度、50歳になったら2年に一度胃の検査に胃カメラ(内視鏡)できることになったとお知らせがきました!

バリウムと胃カメラ、どっちがキツいんだろう・・・と心配ではあるけれど、 今年めでたく50歳になるので、胃カメラにトライしてみようかと思っています。

すんなりできますように・・・

-オバさんの日記

Copyright© オバサンの底力 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.