未分類

防災用品・備蓄用品について考える

投稿日:

今日はただのゴールデンウィークの一日ですが、日ごろ気になっていることをメモ。

実は東日本大震災(3.11)のとき我が家は、 10日にわたる水ナシ生活を体験しました。

災害に備えて用意しておいたほうがいいものについて語ってみます。

 

スポンサーリンク

あったほうがいいと個人的に思っているもの

何かと使えるものはあったほうがいいかと。 例えば・・・

ビニール袋・大・中・小(黒くて厚手のものも)

黒のビニール袋は3.11の後どのホームセンターでも売り切れでした。

何かと使えそう。

ビニール袋は重宝しそうです。

しばらくトイレが使えないときなんかの汚物入れとしても使えます。
寒いときは防寒にもなるだろうし食品の保管にも使えそう。

ラップ・アルミホイル・割りばし

なるべくいっぱい巻いてあるものを。100mとか。

これも何かと使えるだろうシリーズ。

お皿のかわりにもなりそうだし。割りばしは食器としてのほかにも用途がありそう。

ガムテープとカッターと油性ペン

カッターはよく切れるやつを

これも何かと使えるだろうし、自分の避難先などを知らせるためにも必要かと。

キャンプに必ず持っていくので。

電池類とソーラーバッテリー

電池は単三と単四
自分の懐中電灯で使えるサイズ

これも何かといるかと。

ソーラーバッテリーは絶対必要になるだろう情報収集のために、気休めかもしれないけど。

カセットボンベと鍋

お湯をわかしたくなりそう。

あれ以来、気を付けていること

お米を切らさないようにすること

もともと台所が狭く、3キロのお米を月に2~3回ほどその都度買う感じだったのですが、 3キロのお米の予備がいつもあるように買うことにしました。

おいしく食べきるルールからは外れるかもしれませんが、、

ガソリンを空にしないこと

これまた燃費よく走ることからは外れそうですが、ガソリンメーターが常に真ん中より上になるよう給油を心がけるようになりました

足りないかもだけど、水

備蓄しておく飲料水の必要量は、ひとり当たり 1日 3リットルだそうです。

今は2リットル入り×6本しか置いてませんでした。 全然足りていませんね。。。反省。

おばさんのヒトコト

これ以外に、お菓子を備蓄しておくというのもあります。 もともとお菓子好きなので全く途切れることなくできてます(笑)。

あと、3.11のときは「停電」も話題になりましたが、 マンション住みだと停電のとき「断水」も一緒にやってくる可能性があります。 (水を電動ポンプで上階まであげているからですね)

また、断水してしまってトイレが使えないとき、普通に自宅のトイレを使ってオフロの水で流す、という行為はNGです。

排水管が途中で破損していた場合どこかの階へ漏れて大変なるから。身近でもそんな例がありました。
排水管の破損箇所がないことを確認するまでビニール袋に汚物をまとめておくのは必須かなと思いました。。。

でもこれはいずれも、緊急避難度が軽かった場合。 自宅で避難生活が送れない場合はまた必要なものが違ってくると思います。。こわいです。 災害がやってこないよう祈るばかりです・・・

-未分類

Copyright© オバサンの底力 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.