オバさんの日記

祖父母の写真をOmoidoriでデジタル化

更新日:

私の祖父母は10年以上前に亡くなりましたが、

先日実家にいったときに祖父母の家の仏壇の下にあった写真を預かってきました。

 

今のように写真を気軽に撮ることのできない時代なので写真は貴重品。
両親世代はもちろん、スマホ世代の我が家の子供たちも古い白黒の写真に興味津々でした。

 

この写真をOmoidori(おもいどり)という装置(?)を使ってデジタル化してみました。
思いのほかキレイだしカンタンにとれました。

LINEのアルバムで関係者に配ることもできてとてもよかったです。

 

今日はOmoidoriと古い写真のご紹介です。

 

 

スポンサーリンク

古い写真とアルバムはこんな感じ

 

古い写真

 

時代はわかりませんが、おじいちゃんがこれだけ若いということは大正~昭和初期の写真と思われます。

 

裏にメモがあるものもありましたが、ほとんどはアルバムに直接張り付けられていました。

 

 

一番古いと思われるのはコレ
裏に「大正13年10月頃、小生19才」とのメモがあります。

祖父は和歌山県串本町古座の出身。大阪に奉公にでて、その後左官屋さんとして京都で働いていたときいています。
左上がわたしの祖父です。

故郷和歌山ので撮ったようです。
「串本 久保STUDIO」という写真館の名前が台紙にありました。

大正時代

 

祖母の写真もありました。

京都 丹波

 

祖母は京都丹波のあたりの生まれだったときいています。
この写真には見覚えがあります。昔わたしが小さいころ、祖母はわたしにこの写真を見せて

「いーーちばんべっぴんさんがおばあちゃんやよ~」と説明してくれました(笑)。

「尋常高等小学校」とおばあちゃんが言っていたような気がするので
そのときの写真かもしれません。

 

どこの駅か、いつ頃のものなのか全然わからない写真もありました。

鉄道開通40周年記念、本庄青壮年会とある。どこだろう。

 

こちらは伏見桃山陵参拝記年、という立て札の前の写真です。

伏見桃山陵は明治天皇の御陵です。
左から2番目が祖父です。戦前じゃないかなと思います(戦後祖父は東京に住まいを移しています)。

 

写真をデジタル化するのに使ったOmoidori

 

今回は、Omoidori(おもいどり)という、iPhone専用の周辺機器(・・・ってういの?)を使いました。

これです。

おもいどり

 

iPhone専用です。10,000円くらいでした。

iPhoneをこの枠にはめ込んでパカッと開いて使います。

 

おもいどり

 

専用のアプリをダウンロードし、アルバムの上に直接乗せて読み込みます。

内側にライトがついています。

omoidoriの内側

 

普通に写真を撮ると紙の剃り返しや光の反射でキレイな仕上がりにするのは難しいのです。。。

omoidori は写真にかぶせて左右2回撮影。

2枚の写真を合成してキレイに仕上げます。

 

一般的なLサイズのほか、2Lサイズまで対応しています。
スキャンの仕方が面白かったので動画にしてみました。

 

読み取った写真はこんな感じ

 

※ちなみにこの写真が私には最も不思議な写真。 お人形さんが紋付袴で並んでますよね、これなんだろう?

 

白黒写真がカラー写真になる?!

AI技術を用いて白黒写真を自動で色付けするサービスを見つけました。

本当にすごいです。

 

ディープネットワークを用いた白黒写真の自動色付け(早稲田大学プロジェクトサイト)

 

この写真が・・・

 

こんな感じに!

 

不思議・・・

 

そんなわけで 古い写真で楽しんでみました。

 

祖父母のアルバムは大切に保管しようと思います。

 

 

おばさんのヒトコト

アルバムには大正~昭和30年台くらいまでの写真が貼ってありました。
ところどころ、メモが書いてありましたがほとんどはメモなし。

どういうご縁の方なのかわかりませんでした。

数枚だけど、 出征する若い男の人の写真がありました。 海軍さんのようでした。

祖母から、「弟が二人いたけれどふたりとも出征して沖縄で亡くなった」ときいたことがあります。

そんなわけで祖母は三人姉妹でした。

ほんの100年ほどで、時代がものすごく変わっていったんだなと思います。

もしこの写真にお心当たりのある方がもしもいらっしゃいましたら、 お問い合わせよりご連絡くださいね!

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

-オバさんの日記

Copyright© オバサンの底力 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.