中学生・高校生の子育て

インフルエンザって何日目から学校行けるの?(2017年)

更新日:

寒い季節=風邪の季節。

というわけで今年は年明け早々に長男(高校生)がインフルエンザになりました。
彼は小学生5年生の時以来インフルエンザにかかっていないので実に5年ぶりになります。
(下の子は2年前にかかったのですが、長男にはうつらなかったんです。そのときはイナビル処方されました。詳細はコチラ

 

いやーー。久々の40度越え。高熱でしたわー。

インフルエンザには慣れているつもりなのに、出席日数のカウント方法がわからなくなってしまい、先生に確認しました。毎度毎度、自分でもわけがわからなくなってしまい・・・おはずかしい。

何日目から学校に行けるのかについてまとめておきます。

 

 

スポンサーリンク

「発症後5日を経過し,かつ,解熱後2日を経過するまで」とは?

インフルエンザのとき、出席停止となる日数は「発症後5日を経過し,かつ,解熱後2日を経過するまで」です。

(2013年 学校保健安全法の改正されました。それまでは「解熱後まる2日が経過」が条件だったのですが、それに加え
「発症後5日が経過していること」が追加されました)

 

乳幼児・幼稚園生と小学生以上ではまたカウント方法が違うようなのですが、小学生以上だと最短でこんな感じです。

日曜日 0日目 発熱 -
月曜日 1日目 発熱 ×(出席停止)
火曜日 2日目 発熱 ×(出席停止)
水曜日 3日目 発熱 ×(出席停止)
木曜日 4日目 熱ナシ ×(出席停止)
金曜日 5日目 熱ナシ ×(出席停止)
土曜日 6日目 熱ナシ ○(登校可)

 

日曜日に発熱して月曜日に受診してインフルエンザが確定した場合、日曜日を0日目としてとにかく5日間は学校に行ってはいけません(出席停止)。そしてなおかつ、二日間は解熱していないといけない、というのが条件です。

 

この例の場合、日曜日に発熱して月曜日に診察でインフル確定してクスリが効いて火曜日に解熱したとしてもとにかく金曜日までは自宅軟禁です。(発症後5日間)
そして、熱が下がってもうあがってこないというのを確認するために2日が必要。

 

だから、自宅軟禁の5日間のうち、最後の2日に熱があがっていなければ(木曜日と金曜日に熱が上がらなかったら)土曜日からは世間に出てもいいよ、ということになります。

 

※前は解熱後まる2日という制限しかなかったので、発症後翌日に熱がさがったら3日間の出席停止で済んでいたのですが、2013年以降はとりあえずインフル確定したらどんなに元気になっても5日間は学校に行けないです。

 

 

今回は、リレンザ

 

前回下の子が発症したとき(2015年 インフルエンザイナビルは苦いの?)はイナビルでしたが今回長男にはリレンザが処方されていました。なんでかな?理由は聞きそびれました。

リレンザ

 

リレンザは朝晩2回吸入します。
なんの味もしないみたいで、吸入じたいはラクラクでした。

他に、ツムラの麻黄湯と頭痛解熱剤としてカロナールが処方されました。

 

ツムラ麻黄湯とカロナール

 

 

リレンザ処方。診察費用とクスリ代は・・・

月曜日熱を測ったときは40度を超えていてビックリ、久しぶりにダルダルでうつろな顔の長男を見ました(苦笑)。もうわたしより背が高いくせにヨロヨロもたれかかってきて病院へ行くのもツラそうな感じでした。

 

月曜日リレンザを飲ませて火曜日の朝には37.5度前後。月曜日は水分とゼリーしか口にしませんでしたが、火曜日はおかゆを食べました。少し上がったりしましたが(38度)水曜日にはほぼ平熱にもどりました。

 

木曜日と金曜日には元気がもどってきたようで普通食。若いと回復も早いですねーーー!

 

治療にかかったお値段と治癒証明書

中学生までは自治体で医療費の補助とかあったんですが、高校生になるとナイんですよねーーー!

今回はキッチリお支払いしました。

 

診察費: 1,940円
クスリ: 1,620円

登校許可書:診察+登校許可書 1,080円

 

ふー。やっぱり高校生って何かとお金がかかりますね・・・

 

ちなみに、今回こんなふうに症状がすすみました

参考までに、長男がインフルエンザになって元気になる間ではこんな感じでした。

 

日曜日の日中。熱が出る前。食欲もあって元気だけど腰が痛いといっていた。この日ベッドに入ってから熱がでたみたい。

月曜日、いつもの時間に起こすと頭痛と体中がだるいと訴える。熱を測ると40度を超えていたので学校はお休みする。11時頃内科を受診、インフルエンザと確定(A型)。

先生に発熱後12時間たたないとインフルエンザの判定は出ないのでちょっと早いかも・・・と言われつつ検査をしてもらったらバッチリA型がでました。寝ている間に熱が出てたのかもねーと言われました。本人は熱もしんどかったけど、インフル判定のための鼻の粘膜をとってくる検査が痛かったと言っていました。

帰宅後すぐにリレンザ吸入。熱がありすぎて眠れないというので昼過ぎにカロナールを飲みました。それ以外はゼリーとスポーツドリンクとお茶だけ。

火曜日、朝おきると37度8分でした。でもまだ関節痛が続いているらしい。

水曜日、だいぶハッキリした顔になってきました。熱は37度あるかないか。夕方には平熱にもどりました。おかゆを食べました。

木曜日、平熱。三食食べました。

金曜日、平熱。食欲ももどってきてヒマみたい。それなら勉強でもしなさいと、母親のわたしも看病モードを解除。

 

週末にかかってしまったので、結局1週間程度自宅に・・・

最後のほうは正月休み再来!みたいな感じでくつろいでましたよ・・・(苦笑)

 

おばさんのヒトコト

インフルエンザでイナビルやリレンザを処方されると必ず、クスリで異常行動が出ることがある、と注意を受けます。だから一応見守っておいてね、と言われます。

うちの場合ですが、長男は比較的高熱に強く(ただうなだれているだけ・・・)長女は熱に弱いです。高熱だとへんな夢をみてしまったり、なかなか寝付けなかったりうなされて泣いちゃったりします。これはみてるとドキドキします・・・。

なんだかんだいって元気が一番!

ちなみに今回も部屋に隔離して、アルコールスプレーでドアノブなんかを気休め程度にスプレーしたり空気清浄機を回したりしていました。そのせいかどうかはわかりませんが、今のところ他に具合が悪くなった家族はいないです。

ちなみに、中学生になってからインフルエンザの予防接種、うけなくなっちゃいました・・・

-中学生・高校生の子育て

Copyright© オバサンの底力 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.