スポンサーリンク

おじいさんは、用事があって出かけたい

オバさんの日記

実父80歳、一人暮らし中です。

こないだ、確定申告の話になりました。
医療費がかかったので、申告して税金の還付を受けるのです。

 

今年は自宅での申告ができることに加えてICカードリーダなしでも申告ができるようにといくつかの方法が用意されていて、

わざわざ会場にいかなくても申告できるようになっています。

 

e-Tax利用の簡便化の概要について|e-Tax
【平成31年1月開始】e-Tax利用の簡便化に向けて準備を進めています

 

というか、

 

申告書をプリントして郵送すれば会場に行かなくてもいいのよ💦

 

でもやはり、父は

会場に行って、書類を担当の人にチェックしてもらって提出したいらしいんですよね。

 

郵送にしたら、というと頑なに会場で提出して控えをもらいたいという父。

 

多分イソイソと申告会場に足を運び、書類を提出して、ついでにどっかでゴハンを食べて(←これが楽しみなんだと思う)帰ってくると思います。

 

別にあえて止める理由もないし、
早めに朝早くいけば密でもないので大丈夫だと思います。

 

・・・というか、こういうのってサラリーマンだったおじいさんに多いような気がするんだけど、

 

用事があってでかけたいのよね

 

確定申告だから、
検診だから、
薬をもらいにいかなくちゃいけないから、
お墓参りだから、、

 

目的なくブラブラするのが苦手で、
〇〇があるから、という理由があると仕方ないなって安心して出かける。

 

そういう高齢者は多いと思うの

 

若い人には面倒に思えるかもしれないお墓参りも法事も、
高齢者を引きこもりにさせない策なのかもね。

 

ちょい話はそれるけど、

老人ホームで生き生きと自主的に生活してもらうために、

全員に何かの役割をわりふっておくというのを聞いたことがあります。

 

お掃除当番であったり、
水やり当番であったり、
責任者やっていただけますか、よろしくおねがいしますねというとはりきってやってくれるんだそうです。

 

用事があること、役割があることって大事なんだね。

 

なーんちゃって。

父にはなるべく外に出るようにしてほしいけど、またもや「まん延防止」のせいでひきこもりがちになってしまいそうでこわい。やだなぁ。

 

そんなわけで、また。

 

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました