スポンサーリンク

オリンピック選手の活躍に親の存在を感じる私

オバさんの日記

今回のオリンピックで活躍しているのは、

わたしの息子・娘たちの世代です。

 

2000年前後に生まれている

 

だから自然と、選手目線というよりも親目線

 

ここまでくるのに
親の努力は並大抵ではなかったハズよ・・・

 

本人の努力はもちろんだけど、

本人が安心して努力し続ける環境を作ってあげられるのはすごい

 

だって、子供がスポーツ続けるのってお金がかかるんだよ・・・

 

ほんっとに、誰も金銭的にサポートしてくれないからねぇ

ぜーーんぶ自腹。

 

オリンピック選手ともなるとやはりそれなりのトレーニングを積んでいるだろうし、
スポンサーがついていればいいけれど、そうでなければその負担は全部親だ

 

(比べるのもなんだが)
ウチはちょっとだけクラブチームでサッカーやってたけど

 

遠征費からユニフォーム代、合宿費、スパイク代、治療費、
バカにならない

 

うまくなるためのスクールも山ほどあるけど
それに通うとまた別料金

 

いや、お金だけじゃないよ

 

「そこまでする~よくやるわ~」みたいな
無責任な外野の雑音もあっただろう

 

だからほんとにエラい。

アスリートの親は本当にすごい。

 

早朝の送迎やお弁当作り、
資金の準備と応援、
学力サポートと健康管理

 

凡人はガンバレ日本とか気楽に言うけど、
ここまでくるには相当のコトがあったに違いない

そして

メダリストだけじゃなくて、
ここを目指して相当の努力をし続けたコもたくさんいる

 

ほんと、みんなすごいよ。えらいよ。

 

だから

「阿部兄妹すごい、ニッポン柔道すごいです!」

じゃなくて

「阿部兄妹すごい、阿部ファミリーすごいです!!」

ってことだよたぶん。

 

とお金がかかるとかゴチャゴチャ文句いっていると

 

2003年生
 

いや、お金じゃないでしょ?

 

って言いだすヤツいるけど

 

いや、お金ですよ?

 

資本主義国家の日本、お金が大事に決まってる
オリンピックだって利権まみれ、金まみれといわれているんだから、

 

どうせ金まみれなら、
まず選手を金まみれにしなさいよ!!

 

報奨金と選手育成基金、はずんでくださいね。

 

なんだか台風がこちらへ向かっているそうですが、
台風も空気を読んでほしいわ。

 

そんなわけで、また。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました