スポンサーリンク

高校生から大学生へ

オバさんの日記

先日、娘が大学の入学式を迎えまして晴れて大学生となりました。

今年の入学式は、娘の大学は「本人のみ」の参加ということでしたが、大学ともなると親もなかなか参加しないしね(長男のときもわたしは行かなかったし)。

 

娘は適当に買った黒スーツとカバンと、ちょっとカカトのある靴で出かけたわけですが

 

2003年生
 

足がい~た~い~

 

適当に買ったヒールに疲れてしまったようです。
(いい靴を買ってあげればよかったのか?)

 

娘は、田舎の高校を卒業したコがやりたがることをすべてやり(髪を染める・ピアスをあける・まつ毛パーマをかける)なんか若干ケバく見えて、母としては残念です。

 

2003年生

女子大生は普通あんな感じだよ

 

大学4年になる長男はそんなことを言うけど、若いコはナチュラルがいいのになぁ。

 

と、思っていたら
帰宅した娘がヒトコト

 

高校生って、
キラキラしているね・・・

 

先月まで自分だって高校生だったくせに、

もどれない場所というのはそんなにも輝いて見えるもんなんですね

 

私から見たら大学生だってキラッキラだけどね

 

娘が高校生のときに、
メイクに興味を持って眉毛やまつ毛をいじりはじめたときに

 

わたしが散々

 

高校生はそのままで十分キレイだし
すっぴんでかわいいのは高校生の特権なのに

 

と言ったら

 

2003年生
 

いいのっ

 

と、全く聞き耳を持たずに全否定だったのに

卒業して高校生を見たら、わたしのいった意味がほんのちょっとだけ分かったと言っていました。

大人の階段を一段のぼったわネ。

 

わたしは子供を産んでからずっと、わたしには二人の小さいコがいるから、
わたしが守らないといけないといつも思っていたのに、

(〇〇ちゃんのママ、という呼ばれ方に全く抵抗を感じないタイプ)

 

最近では娘も息子もしっかり者になって

「おかあが危うい」

と、荷物とか持ったり忘れ物がないか確かめてくれたりするようになった。

 

なんかちょっぴりサミシ・・・というか
しみじみしちゃうんだよね。

 

ああ、もうわたしの手はいらなくなったんだなぁ

 

さあて。

わたしはこれから何をしようかな。ではまた。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました