スポンサーリンク

「女性がたくさん入っている会議は時間かかる」だとさ(笑)

オバさんの日記

いやーーまたも苦笑せざるを得ないニュースを発見してしまいました。

 

「女性がたくさん入っている会議は時間かかる」森喜朗氏:朝日新聞デジタル
 東京オリンピック(五輪)・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長(83)は3日、日本オリンピック委員会(JOC)の臨時評議員会で、「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかります」と発言し…

 

いやーー
なんだろね、これ

 

このヒト、森元総理(83歳)はオリンピック組織委員会会長ですが

わたしがこのひとについて思い出すのは、ソチオリンピックで浅田真央ちゃんの演技に

「あの子は肝心なときにいつも転ぶ」

というコメントを残したこと。

 

悪気はなかったと釈明していましたが、
悪気がないから何言ってもいいわけではないのがいい年して全く理解できていないコマッタジジイという印象を強く持ちました。

 

そんで今回はこれ。

 

本気で考える必要もない発言だし

 

そもそも公式な場所で男性だから●●、女性だから●●、というような区分けをすることじたいがナンセンス

 

でも
あえて女性がどう、男性がどうということでいうなら

 

井戸端会議ならともかく、

発言が議事録に残るような会議は手短に済ませたいのが女性の傾向では

どの会議でもいいたいことを手短に言ってくれるのは女性に多いような
(前置きとか、自分の立場の説明とかが短いってこと)

 

日常のあれやこれやをグダグダしゃべりたいだけなのよ

 

 

会議の発言が長くなるのは自分に納得させたいおじさんたちの話なんじゃないのかね

 

と、ここまで書いてなんだけど、

確かに話の長い女性は多いし、肝心な場面で支離滅裂な話になってしまう女性もいるし、自分もそうかもしれないけど、

それって女性に限った話ではないし、そういう男性も多いから

 

そもそも女性は●●だからという固定概念を持っているところがすでに頭がガッチガチに硬いということになりますね。

 

こういう人がオリンピック組織委員会のトップに君臨しているという点で、オリンピックがあやうい感じがしちゃった。

 

連日誰かの失言をとりあげてあれやこれやいうのもなんですが、

ちょっとビックリしてしまったので書いちゃいました。

 

楽しい話題でブログを書かなくちゃ。

ではでは、また。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました