スポンサーリンク

フレイルとサルコペニア

オバさんの日記

フレイル、というなんだかかわいらしい響きの言葉ですが、

その意味するところは

Frailty(虚弱)

 

虚弱かぁ・・・

 

筋肉や骨などが弱まり、健康と要介護の中間あたりの状況をフレイルというそうです。

サルコペニア、という花の名前みたいな言葉もあって、こっちは筋肉が少なくなっちゃうこと。

 

どちらも寝たきりや介護状態を防ぐために、日ごろから意識しておくべきことなんだそうです・・・

 

というような話を私は
女性のための健康トレーニングクラブ、カーブスで耳にタコができるほどきいています💦

 

今日カーブスにいったら

2週間体を動かさないと筋肉は1/4減る

みたいなことが書いてあって、ビクッとしました

 

筋肉はあるに越したことはないよな・・・

 

犬の散歩に行くようになったけど、

 

 

ウォーキングだけでは筋肉はつかなくて

負荷をかけることが大事みたいだよ

 

 

わたしは数年カーブスに通ってるけど、

特に体重が落ちたということはないし、細マッチョにもなれてないけど、

 

通い始めたときから年齢はあがってるけど、
体力が落ちたなとは感じずに済んでいる・・・

 

なんとささやかな成果

 

筋肉に対しては大きな目標は持たずに、
細々続けるほうがわたしにはあってるってことかもな~
運動苦手だし。

 

30分フィットネス「カーブス」

 

でも、ステイホーム時期はスポーツクラブからクラスタ発生なんて情報も見たので少々怖くてあまり通えませんでした。

 

でもだいぶ時間たって、
汗では感染しないらしいことや、入退室のときの消毒徹底である程度予防できるみたいだし

それよりも何もしないでじっとしているほうが精神衛生上もよくないので(これは実感)まだやめず続けています。

 

で、気になるのは高齢者である実家の父(一人暮らし中)なんだけど、

  • 一日一回は外へ出ること
  • 一日一回は誰かと話すこと

という自分ルールにしているらしく、

 

一日一回、わたしか妹が電話をしたり、

自治会役員を引き受けたりして

 

なんとかゆるゆる暮らしています。

こういう筋トレサークルのおじいさん版もあったらいいのになぁ。

 

そんなわけでこちらはよい天気になりました。

早く春が来てほしい。ではまた。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました