スポンサーリンク

50代は採用する?しない?

オバさんの日記

先日塾を経営している友人と雑談していたとき、

塾講師を探してくるのが大変だ、という話になりました。

 

どの業界でもそうだけど、
結局は「ヒト」ということになのだねぇ

 

そのなかで、

ああそうか、やっぱりそうだよね、と思ったのが

 

年齢制限の話になったとき、
友人がポツンと言った一言

 

「でもさ、
50代の人が応募してきたとして、
よっぽどじゃないと採用しようってならないんだよね」

 

そうか、、
まあそうだよね

 

50代でパートに応募して落ちた経験のある私はなんか身につまされる感じでちょっと切なかったのだけど、

 

友人曰く、

「ある程度の年いってると経験があり、

それが逆にジャマになって新しい環境や新しいやり方を受け入れるのに時間がかかったりするんだよ」

 

 

なるほど

わたしも、

「柔軟さ」という点においては
やっぱり若い人にはかなわないもんなと思うときがある。

 

わたしら世代は
新しいことを習得するのに時間がかかる、というよりも

 

せっかく新しいことを習得しようとしているのに自分のどっかで

「こんなやりかたちょっと違うよな」

とか

「この方法じゃ失敗しちゃうんじゃないの」

とか、教わってる方法を否定しようとする老害的思想があるのがわかるもん。

 

口には出して抗議したりしませんが
自分の内面でそういうストッパーがかかってるんで
なかなか吸収できないんですよ

 

「そこまでしなくていいんじゃないの」

とか、

「前いた会社では・・・」

とかっていうのもあるよね。

 

若い人にはそういうのがなくて、
まさにスポンジのようにグングン吸収していくのかも。

 

見習わないとね。

 

そんな話をしてくれた友人だってわたしと同い年の50代。

 

「自分もそうだからわかるのよね~」

 

だってさ(笑)。

 

でも50代だからこそできることだってあるはずだから、めげずにがんばるよ。

そんなわけで大掃除が終わらないよ。

ではでは。

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました