中学生・高校生の子育て

首都圏進学フェア2017へ行ってみました。

更新日:

我が家には来春の高校受験を控えた中三の子がいます。

この夏は志望校を決めるため、学校を見に行ってきてくださいねと言われており、 幕張メッセで開かれていた「首都圏進学フェア2017 in 千葉」に行ってきました。

高校フェア

スポンサーリンク

進学フェアって?

色々な高校が出展している、高校の見本市、展示会のようなものです。

 

出店している高校がそれぞれ小さなブースを持っていてそこに先生方や受験担当の方がスタンバイ。

 

 

カタログをいただいたり学校の様子や受験について個別に質問をすることができる、という感じです。 

公立高校も私立高校も多数出展しているので気になる高校の情報を一気に集めることができます。

千葉だけではなく東京でも埼玉でも神奈川でも色々な地域で開催されており、夏休みに開催されていることが多いです。今回のフェアは入場無料、事前申し込みも必要ありませんでした。

 

公立高校は学校の様子・部活の様子や受験で重視すること(内申重視?面接あり?など)を確認できますし、 私立高校の場合は併願推薦の基準(評定はいくつあればOKか、部活動を継続して行っていた場合は加点されるかとか)について、確認することができます。

昔々、わたしが高校受験をしたころはこういう「進学フェア」のようなものはなかったし、受験日当日に初めてその高校へ行くという感じでした。

「受験は情報戦よ」という先輩ママのお言葉が身に染みる感じです・・・

 

混雑具合は?

結構混雑しています!

私たちは2日間開催の2日目、しかも午後だったので比較的すいていたほうだといわれました。

それでも、人気の高校はお話しを伺うのに列ができていました。
1日目の午前中はとっても混雑していたそうです。

何を着ていくの?ママの服装は?

親は学校の授業参観に行くような服装の人が多かったです(スーツ姿の父親らしき人はみかけましたが母親でスーツの人はほとんど見かけませんでした)。
わたしはブラウス(柄物)に長めのスカートにしました。

でも、子供は制服にしました。志望校になるかもしれない学校の先生と直接お話しすることになるのでそのほうが無難だと思いました。

持ち物

筆記用具(貸してもらえますが、やはりメモをとったりするのに自分の筆記用具はあったほうがいいです)

それと、いただいた資料を入れることができるバック。
あと結構混雑して待ち時間が出ることもあるので、水分補給のための水かお茶があったほうがいいかもです。

事前準備

今回行った幕張メッセ国際会議場の進学フェアは、80校以上が参加していました。

気になる高校をあらかじめピックアップし効率的にまわったほうがいいです。

入場して会場地図をいただけましたのでそれでまず場所をチェックしてすいている会場からまわりました。
幕張はA会場・B会場・C会場と3つに別れていました。

行ってみた感想

公立高校は結局、入試勝負みたいなとこがあるのでがんばるとして、 私立高校は「併願推薦※1」といって通知表の数字や課外活動(英検や漢検などの加点、部活動など)によって推薦を受けられるかどうかがほぼ決まります。

※1併願推薦は、第一希望がダメだった場合こちらの高校にお世話になりますというお約束のもとに入試を受ける方法です。

 

一般受験の前に「内定」のようなものをいただけるのでこちらも気持ち的に安心。

ただし、併願推薦の基準はそれぞれの高校によってさまざま※2なので自分の子の成績で受け入れてもらえるのかどうか、だいたいのところを知っておく必要があります。

今回は私立の併願推薦をうけられるかどうか?を中心に確認して回りました(だから1学期の評定の数字はすぐ答えられるようにしておいたほうが話が早いですね)

 

※2併願推薦の基準は「3年の1学期の成績で判断する」「3年の2学期の成績で判断する」「3年の1学期か2学期、いいほうで判断する」と高校によってさまざま。「3教科で〇、5教科で〇、9教科で〇のいずれかを満たしていること」の〇に入る数字は学校のレベルによってかなり異なります。 部活動でよい成績の場合は加点されたり試験を免除されたり。特に成績優秀だと学費の免除があったり。

本当に色々なので、この点はキッチリ確認して担任の先生と相談したほうがいいです。

 

進学フェアは、「NPO法人親子進路応援センター」が主催、「Sもぎ」の送信図書が運営協力をしていました。

 

 

開場内にはSもぎの申し込みができるブースがあったり、総進の高校ランキング表をもらえたりしました。

 

それぞれのブースで受験についての色々な情報を伺ったあと、高校の先生方はどこも 「・・・ということですので、一度学校を見学にいらしてくださいね!」 とおっしゃってました。

 

確かにそうですよね。やはり一度行ってみないと・・・

おばさんのヒトコト

受験の様子はわたしが高校生だったころと様変わりしており(〇十年経過。当たり前ですね、苦笑) わたしが高校受験していたころは「誰でもはいれる高校」だったのに、今は名門校になっていたり、その逆もあったりと 高校のレベルもずいぶん変わっていました。

わたしが通っていた高校も出展していて懐かしかったです。 (時がながれすぎて制服が変わっちゃっていましたが・・・)

「受験は情報戦」 確かにそうなのかもしれませんね。

でもわたしは久しぶりに子供と母子で最近の話をたくさん聞き、一緒にゴハンを食べて帰るというちょっとしたお出かけが楽しかったです。

もう高校受験なのかぁ~~と感無量。 この際だからいろんな高校みにいっちゃおーっと。

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

-中学生・高校生の子育て

Copyright© オバサンの底力 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.