NCSOFTからアカウント盗用のメールにご注意を。 | オバサンの底力

NCSOFTからアカウント盗用のメールにご注意を。

新年そうそう、フィッシング詐欺のメールが届きました。

今回はNCSOFTから、と名乗るこんなやつ↓

mail

◆既に報道されておりますが、オンラインサービスを提供している他社において 数千万件規模でID、パスワードやクレジット情報などの会員情報が不正アクセスの影響により 流失したとの情報を確認いたしました。
◆本人確認のための認証メールを送信いたします。 メールを受信して、記載されているURLをクリックしてください。 :http://www.ncsoft.jp/login/login?retURL=http%3A%2F%2Fwww.ncsoft.jp%2F

◆情報変更のお手続きにお心あたりのない場合お客様ご本人確認は本メールの認証キーを入力しない限り、完了いたしません。情報変更にお心当たりのない場合、アカウントとパスワードがハッキングされた可能性があります。お手数ですが、NCSOFT公式サイトにアクセスしお早めにパスワードを変更を行ってください。

◆何かご不明な点がある場合は、アカウントを記載の上、こちらのメールに折り返しご連絡ください。

これはフィッシング詐欺といわれる偽サイトへの誘導です。

クリックしてはいけません!

ところで、NCSOFTというのは何の会社?

フィッシング詐欺のイヤらしいところは、

今回の件でいう「NCSOFT」という会社が全く詐欺とは関係なく、むしろ被害者である、という点です。

※NCSOFTというのはオンラインゲームの会社です。

犯人グループは、自分たちのメールがさも、NCSOFTからのメールであるように釣り、
偽サイトに誘導してIDやパスワードを盗もうとしているのです。

※ちなみに、フィッシングはfishing(釣り)という説もありますが、

手口が洗練(sophisticated)されている、ということからきているという説もあります。

つまりそれほど、洗練された巧妙な手口だということ。ついひっかかってしまいがちなのです、注意しましょう。

ここで私たちは、自分に届くたくさんのメールのうち

本人認証を行います、
あなたのID、クレジットカード情報がハッキングされました、
セキュリティ向上のために個人情報を更新してください

などといって、

URLをクリックしてください、というメールがあったら
それはいかなる理由があろうとも疑わねばならない

ということを肝に銘じましょう。

では、疑いのあるメールかどうかを、どうやってみわければよいのか??

そうはいっても、セキュリティが・個人情報流出がと騒がれている昨今、

セキュリティ関係の警告メールの全てを無視しているのも少々心配です。

この方法が正しいかどうかはわかりませんが、
今のところ私が採用している方法をお知らせします。その方法は、

疑いのあるメールが届いたら、

そのメールの一部分をコピー(URLは除く)して検索をする

今回は、メールの冒頭の部分、

「既に報道されておりますが、オンラインサービスを提供している他社において 数千万件規模でID、パスワードやクレジット情報などの会員情報が不正アクセスの影響により 流失したとの情報を確認いたしました」

のところまでをコピーし、Google検索をしてみました。

すると・・・

kensaku

あやしいメールだということがわかっている場合は

このように、フィッシング詐欺であることを告げるページがヒットします。

もしも、そういうページがヒットしなかった場合は、
(ひょっとすると最も新しいフィッシング詐欺メールだったかもしれない?)

NCSOFT で検索して、

大元、本家本元NCSOFTのホームページにそれらしきお知らせがないかどうか確かめます。

ほんとうにNCSOFTがIDの確認をしたいと思っているのであれば、

本家本元のホームページにその案内があるはずだからです。

※そのときNCSOFTのURLが不自然な文字列ではないことをキッチリ確認しましょう。

フィッシング詐欺のメールをクリックしてしまうと

どんな悪いコトがおきるのか?も気になるのですが

銀行やクレジットカード、オンラインゲームなどお金が動くサイトでは
不正送金などに使われてしまう可能性があるようです。

IDとパスワードを厳重に管理するのはもちろんですが、

IDやパスワードなどの個人情報は

聞かれたからといってカンタンに答えてはいけません。

ましてや、そんな大事なものを

メールなんかで尋ねてくるのはロクな会社じゃあありませんので、
注意しましょう。

フィッシング詐欺については、こちらのフィッシング詐欺協議会をクリックして確認してください。

あ、カンタンにクリックなんかしないぞ、と思ったアナタ。正解です。

そういう場合はGoogleで「フィッシング詐欺協議会」と検索窓に打ち込んで出てきたページをクリックしてくださいね!

☆☆☆☆

スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Adsense